2018年9月25日火曜日

億り人を目指す人のモチベーションの大部分は(アーリー)リタイアメントすることなのか

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。 Living on the Edgeな男です。

最近、ネットサーフィンをしつつ億り人を目指す人のブログを拝見しています。いろいろな方がいます。

年齢は20代から50代。
職業もバラバラ。
投資スタイルも(もちろん)バラバラ。

目指すところは、億り人。

そういう方たちのほとんどは、なぜ億り人になりたいかと言ったら、アーリーリタイアメントをしたいからなんですね。

実は、自分の場合はそんなことを思っていません。億り人の仲間入りはしたいと思っていますが、だからといって仕事をやめようというのは思っていません。

億り人になっても、フルタイムで週5日は働くと思います。

その理由を述べます。

1.仕事がわりと好きかもしれない。
2.子どもが小さいから、これから教育費がかかる。
3.仕事をしなくなったら、生きがいがなくなってしまう気がする。

この3点が挙げられます。

まず、圧倒的に思うのは、仕事は大変だと思うけれど、ある程度のやりがいを感じていますし、仕事を通していろいろな人に会えるというのは楽しいと感じています。仕事が大好きというわけでないが、ある程度好きです。

小さい子どもがいます。これからどんどん教育費がかかっていくので、億くらいの資産では足りないんじゃないかと思っています。しっかりした教育をさせるためには(将来的には留学とか)、ある程度の額が必要になります。

自分は仕事人間ではないですが、仕事をしなくなると、きっとダメ人間になってしまいそうです。仕事をしないことで、メンタルがヘタることは可能性としてあると思っています。

たいした理由ではありませんが、これらの理由によりたとえ億り人になったとしても、仕事は続けていくと思っています。

おそらく、70歳くらいまではやると思います。そのためにも、健康には十分留意したいものです。




0 件のコメント: