2016年10月15日土曜日

インターネット銀行の不正アクセスの被害にあってしまった(2)

刑事さんが来ているときに、並行してネット銀行に連絡しました。

夜だったので、キャッシュカードを紛失した際に連絡する「キャッシュカード紛失に関する問合せ」に電話して、すぐに口座をロックしてもらい、被害状況を簡潔に説明しました。

翌朝、インターネット銀行に対して、被害状況を詳細に説明したところ、聞かれた点は以下の通りです。
1.不正送金があった日時
2.使っているインターネットプロバイダー
3.使っているパソコンのOS(オフィスソフト)
4.使っているパソコンのアンチウィルスソフト
5.アンチウィルスソフトの更新頻度、手段
6.インターネットの接続環境(WIFI)
7.不審なメールを受信したことがあるか
8.使っているパソコンのブラウザー
9.インターネットの使途
10.インターネット銀行のIDおよびパスワードの管理方法
11.自宅以外のパソコンからのインターネット銀行へのアクセス
12.キャッシュカードの管理方法
13.パスワードの定期更新頻度
14.自宅の住居環境
15.同居人の有無
16.自宅への侵入被害
17.警察にこの被害を伝えたか

などを聞かれました。1時間くらいかかったと思います。
答えながら、心底ウンザリした気持ちになってきます。

なお、これらの質問に関しては、後日書面でも聞かれました。
(質問フォーマットが送られてきて、それについて返答・返信)
口答した内容と書面での内容が違うと、突っ込まれます。

(続く)

0 件のコメント: